会社紹介
 
一般財団法人日本ファッション教育振興協会は、1969年に、洋裁技術の向上と充実、将来を担う人材
を育成するため、その当時のファッション産業界とファッション教育界が協力して文部省(現・文部
科学省)に申請をし、69年2月に公益法人として認可された団体です。

以来、日本の洋裁技術向上のために「洋裁技術検定試験」を実施してまいりましたが、1991年(平成
3年)11月に、さらなるファッション教育の充実・発展・振興を図るために、一部変更申請をして認
可されました。その後2011年4月1日より一般財団法人となり、現在の名称・目的・事業ができる団体
となっています。

<事業内容>
1. ファッションに関する知識・技術を向上させるための技能審査の実施及び関連書籍の発刊
2. ファッションデザインの創造力を育成するためのコンクールの開催及び服飾教育の発展・振興に
  顕著な功労のあった教育者の表彰
3. ファッションに関する知識・技術の向上・充実のための産業界と協力してのシンポジウム・研修
  会の開催
4. その他前条の目的を達成するために必要な事業

ページトップへ